玉川歯科医院

〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通3-7-3 玉川ビル2階

入れ歯

コンフォートデンチャー

コンフォート デンチャーは、入れ歯の裏面(歯肉にあたる面)を生体用シリコーンで覆った、新発想の入れ歯です。従来の入れ歯は、歯肉に触れる部分がプラスチック等の固い素材で出来ていました。そのため、入れ歯で力強く噛むと歯肉に負担がかかり、それが痛みの原因となり、十分に噛みしめることが出来ないことがありました。

コンフォートデンチャーは、生体用シリコーンによって、入れ歯の裏面(歯肉にあたる面)がソフトになり、歯肉にかかる負担を和らげます。また、入れ歯との密閉性が向上したことにより、「痛みの少ない」「ずれにくい」「はずれにくい」といった従来の入れ歯の悩みを解消することが可能になりました。

コンフォートデンチャーの利点

痛みを緩和する

コンフォートデンチャーは、入れ歯の歯肉にあたる面を生体用シリコーンというクッション材で覆うため、歯肉にかかる力を軽減し、噛んだときの痛みを緩和します。従来の入れ歯の大きな問題点は噛むと痛みを生じてしまうことです。痛みが発生すると、当然、噛む力が低下します。コンフォートデンチャーは、この噛んだときの痛みを軽減させることで、結果として噛む力を向上することが出来ます。

入れ歯が外れにくい

生体用シリコーンのソフトな弾力が、歯肉と入れ歯との間に密閉性をつくり出し、吸盤のように機能して、食事のときや話をするときにも外れにくくなります。また、入れ歯と歯肉の間の密閉性が高まることで、食べ物が詰まりにくくなります。 

安全性が高い

生体用シリコーンは心臓ペースメーカーやコンタクトレンズなどの医療分野で使われてる素材で、人体への影響がきわめて少ないと言われております。また接着剤なども一切使用していません。

コンフォートデンチャーの欠点

健康保険の適用がない

生体用シリコーンは、厚生労働省の認可を受けた安全な素材ですが、残念ながら健康保険の適用になっていません。したがって、コンフォートデンチャーの費用は全額自己負担となります。

入れ歯の設計を見直す場合がある

コンフォートデンチャーでしっかりと噛めるようにする為には、噛む力に耐えられるように入れ歯の設計を見直す場合があります。症例によっては、今までの入れ歯よりも厚みを増して設計する必要もあります。

日々のお手入れが必要

生体用シリコーンは柔らかい素材のため、細菌や汚れが頑固に付着してしまうとなかなか取り除くことが困難です。したがって、毎日の洗浄が必要です。洗浄といっても、普段の入れ歯のお手入れと大差はありません。専用の入れ歯洗浄剤に一晩、浸け置き洗いをするだけです。

玉川歯科医院

お電話でのお問合せはこちら

078-331-4008
ラベル
月曜・金曜 9:30~12:30 / 15:00~18:00
火曜・木曜 9:30~12:30 / 15:00~19:30
水曜・土曜 9:30~12:30
休診日
水曜午後・土曜午後・日曜

お問合せ・ご予約

03-0000-0000

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

院長プロフィール

院長名
 
資格
  • ○○式リフレクソロジー
  • 日本リンパマッサージ

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむ

アクセス・受付時間

ご予約・お問合せはこちら

03-0000-0000
住所

〒000-0000
東京都千代田区大手町1-9-1

東京駅から徒歩0分

受付時間

午前 9:00~12:00
午後 13:00~19:00

定休日

月曜・日曜・祝日